「実質のないコンテンツ」ペナルティを最低限の労力で解除してみた | Sirius@web  

2016年7月21日木曜日

「実質のないコンテンツ」ペナルティを最低限の労力で解除してみた

数年前に作ったブログが Google のペナルティを受け、これまで特に対処していなかったのですが、せっかくだからペナルティ解除に挑戦してみようと思い立ちました。

結果から言うと意外と簡単に解除ができましたので、今回はその解除方法を紹介します。ただしここで紹介するのは王道ではなくできるだけ最低限の労力で解除する方法です。



実質のないコンテンツ

数年前に遊びで作ったブログがありました。それは、文章を自動生成するプログラムを自分で作って、生成した文章を記事にするものでした。どちらかというとブログを書くことよりもプログラムを作ったり改造したりすることの方が楽しかった(プログラマ的性質)ので、そのブログは広告等を一つも貼っていない完全に収益性ゼロの遊びブログでした。

そのブログを1カ月ほど更新していたら、Google からメールが届きました。知る人ぞ知るペナルティのお知らせ「実質のないコンテンツ」です。

実質のないコンテンツ
画像:実質のないコンテンツ

それは遊びで作ったブログだったのでペナルティを受けても別にどうでも良かったのですが、最近になってせっかくなのでペナルティを解除してみようと思いました。

ペナルティを解除する方法

ペナルティを解除するために最初にするべきことは過去記事のチェックです。Google ではときどき担当者が目視でブログをチェックして、低品質な記事に対してペナルティを与えるようです。そのため、たとえ自分で書いたオリジナルの記事でも他のブログと内容がかぶっている場合にはペナルティ対象になることがあるそうです。特に時事ネタや芸能ネタを扱うトレンドブログは他のブログと同じネタを扱うことが多いため、ペナルティを受ける確率が高いようです。そして残念なことにどの記事がペナルティ対象になったのかは通知されません。そのため本来は、すべての過去記事をチェックして低品質と思われる記事に加筆修正を施して対応するのが王道です。

僕がペナルティを受けたブログの場合は言ってみれば全ての記事が低品質なので、全記事をチェックして修正を施すのはほぼ不可能です。むしろ、ブログ自体を一から作りなおした方が速いでしょう。

実際にやったこと

ペナルティ解除の王道は全記事をチェックして修正を施すことです。しかし今回のケースではその方法はまず無理なので、すべての記事を下書き状態に戻してみました。読者から見れば記事が1つも存在しない空っぽのブログになるので、事実上の全削除です。とりあえずこれで低品質な記事はなくなります。

次に、ブログが空っぽのままというわけにもいかないので記事を新しく2本書きました。どちらも自分で普通に書いたオリジナル文章で、それぞれ約400字の小さな記事です。この状態で Google にペナルティ解除の申請をしてみました。果たしてこの程度の対応で解除できるのでしょうか。

ペナルティ解除を申請した結果

ペナルティ解除の申請をしてから5日後、Google からメールが届きました。結果は、次の画像の通りです。

再審査リクエスト不承認
画像:解除失敗

やはりダメでした。

受け取ったメールには「サイトのコンテンツを全て削除しただけでは、手動対応を解除することはできません」と書いてあります。実際は2記事存在するのですが、これだけでは不十分ということでしょう。しかし逆に言うと、ユーザーに価値ある記事を増やせば解除に成功しそうです。

再びペナルティ解除の申請

ユーザーに価値ある記事を増やせば良さそうということで、先ほどの2記事の文量をそれぞれ1000字程度まで増やし、さらに新しく3記事追加しました。合計で5記事、文字数にすると約6000字です。いずれも自分で書いたオリジナル文章で、時事ネタなどではなくデジタル機器の使用感など主に自分の感想を書きました。特に時間のかかる調査などは行っておらず、自分の考えをアウトプットするだけなので意外と簡単です。

文章のチェックは担当者の目視による主観で行われるため、どこまで書けば「価値ある記事」とみなされるかはわかりませんが、今回はこれで再申請してみました。これでもダメならさらに記事を増やすつもりです。

文章だけでは少し寂しいので自分で描いたイラストなども貼っておこうかと思ったのですが、他サイトからの転載画像だと勘違いされると困るので文章だけの記事にしました。解除失敗メールを受け取った日にここまでの作業を行い、再びペナルティ解除の申請を行いました。頑張れば短時間でも6000字の文章が書けるものですね。

再申請の結果

再申請から5日後、Google からメールが届きました。

再審査リクエスト承認
画像:解除成功

ついに解除成功しました! 元々遊びで作ったブログだったので削除しても良かったのですが、きちんとペナルティが解除できると嬉しいですね。

今回ためした方法は、全記事を削除(正確には下書き状態に変更)してから、新記事を追加するという手順なのでブログ自体を作りなおすのとほとんど変わりません。何度も言うように、本来は過去記事をチェックして加筆修正を施すのが正しいやり方です。しかし、何らかの事情でブログを残したままペナルティを解除したい人や、過去記事をすべて修正できないという人にはこの方法が参考になるかもしれません。下書き状態の記事を後からじっくり修正して再アップすることもできるでしょう。ただし修正が不十分だと再度ペナルティを受ける可能性があります。

普段から「価値あるコンテンツ」を意識する

今回ためした方法でペナルティが解除できるということは、1000字以上のオリジナル文章記事は価値あるコンテンツと見なされるということでしょうか(もちろん内容にもよりますが)。やはり普段から「価値あるコンテンツ」を意識することが重要です。また、たとえオリジナル文章でも、トレンドブログのように時事ネタや芸能ネタをメインで扱うと他のブログと内容がかぶりペナルティ対象になりやすいので注意が必要です。参考になりましたら幸いです。


広告


0 件のコメント:

コメントを投稿