短期間でTOEICスコアアップする人・しない人の英語勉強法 | Sirius@web  

2016年6月21日火曜日

短期間でTOEICスコアアップする人・しない人の英語勉強法

短期間でTOEICスコアアップする人

多くのTOEIC受験者は時間と戦っています。それは試験時間だけを意味しているわけではありません。就職活動に間に合わせたい、昇進試験に間に合わせたいなど、短期間でスコアアップを求められている人は多いはずです。

TOEICで高得点を取るには多大な努力が欠かせませんが、「ずれた努力」をしていては短期間でのスコアアップは望めません。今回は、短期間でスコアアップする人としない人の英語勉強法を比較します。



英文法

スコアアップする人:パターンを覚えて「秒殺」する

短期間で高得点を取るためには、英文法の参考書を勉強するだけでは不十分です。TOEICの文法問題は大半がパターン化されているので、高得点を取る人は頻出パターンを大量に覚えて、問題によっては5秒以内に回答します。TOEICで速く正確に回答するためには、秒殺できるまで問題集をやり込むことが重要です。

『千本ノック』シリーズにはTOEICの頻出問題が凝縮されています。このシリーズを繰り返し学習することで、誰でも類似パターンが秒殺できるようになるでしょう。長期的な勉強が必要な長文問題に比べ、短期間でスコアアップしやすいのがこの文法問題です。

4396316704新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック! 即効レッスン1 (祥伝社黄金文庫)
中村 澄子
祥伝社 2015-07-24

Amazonレビュー:☆4.3

スコアアップしない人:意味がないと言って対策しない

「試験対策して高得点を取っても意味がない」と主張する人もいます。考え方は人それぞれなので否定はしませんが、短期間で高得点を取るには適切な対策が効果的です。対策しないで高得点を取ることができれば確かに理想的ですが、それには長期的な勉強が必要になります。

語彙

スコアアップする人:頻出単語を覚える

TOEICに限らず資格試験には必ず傾向があります。TOEICはビジネス英語を中心とする試験ですので、ビジネス用語や単語が頻出します。そのため、大学受験で覚えた単語とは少し方向性が違います。短期間で高得点を取る人は、TOEICの頻出単語を集中的に覚えることでスコアアップを狙います。

現在、TOEIC受験者に一番人気の頻出単語集は『新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ』です。この単語集を繰り返し学習することで、TOEICで出題される英文が格段に理解しやすくなります。出版社のサイトから無料で音声ファイルがダウンロードできるので、リスニング練習用としても利用できて一石二鳥です。

4023310654新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
TEX加藤
朝日新聞出版 2012-03-07

Amazonレビュー:☆4.0


もちろん単語集を使わなくても語彙力は身につきます。リーディングやリスニング学習と並行して単語を覚える方法も効果的です。

参考:800点を突破するまでTOEIC用単語集は必要なかった話

スコアアップしない人:レア単語を覚える

短期間で高得点を取らない人は頻出単語を覚えない、あるいはTOEICで滅多に出題されないレア単語を集中的に覚えます。レア単語をいくら覚えても、どこかで役立つ可能性はあるかもしれませんがスコアアップを狙うのは難しいでしょう。

『出ない順 試験に出ない英単語』は、タイトル通り試験に出題される可能性は低そうです。読み物としては面白いので、試験前に没頭しすぎないように注意してください。

Denai
source: 出ない順 試験に出ない英単語

4864104867出ない順 試験に出ない英単語 文庫版
中山 千野エー
飛鳥新社 2016-04-09

Amazonレビュー:☆5.0

リーディング

スコアアップする人:語順通りに読み英語のまま理解する

TOEICは時間制限が厳しいため、英文を何度も読み返していては間に合いません。英文読解が速い人は、英語を英語の語順通りに読み、日本語に訳さずそのまま理解します。これは普段からトレーニングしていなければ身につきません。

初級者の場合、まずは「英語の読み方」を正しく身に付ける必要があります。英語の読み方を身に付けて語順通りに理解するトレーニングをすると、英文読解スピードが確実に向上します。

参考:TOEIC300点からの大逆転。英語の読み方が身につく本まとめ

スコアアップしない人:返り読みをして日本語に訳す

英文の返り読みをしながら日本語に訳していては、確実に処理スピードが落ちてしまいます。TOEICには大学受験のような和訳問題はありませんので、ひとつひとつ正確に和訳しながら読む必要はありません。むしろ、重要ではない箇所はざっくりとした理解で読み飛ばすぐらいの方が、多くの問題に解答できるため点数はアップします。重要な箇所と重要ではない箇所を判別するためには、長文を読む前に設問と選択肢に目を通しておくことが不可欠になります。

スコアアップする人:多読をする

TOEICのリーディングパートは年々英文量が増えているため、普段から英文慣れしておく必要があります。高得点を取る人は、英語の本やニュース記事などをたくさん読む「多読」をします。多読で英語を速く正確に読む力を付けることで確実にスコアアップします。さらに、多読で身に付けた英文読解力は、TOEICだけでなくさまざまな方面で役立つでしょう。

参考:僕がTOEIC900点を突破したときのシンプルな英語勉強法

スコアアップしない人:英文を読まない

高得点を取らない人は、普段から英語に触れる習慣がありません。これは多読の反対、しいて言うなら少読です。英語を読む習慣がない人が試験当日にいきなり大量の英文を前にしても太刀打ちできるはずがありません。

リスニング

スコアアップする人:多聴をする

高得点を取る人は多読ならぬ多聴、つまり英語をたくさん聴き取る練習をします。英語には日本語にはない音が多いため、普段から英語を聴き取る練習をしていなければリスニング力は身につきません。ただし、多聴と言っても取っ替え引っ替えいろいろな教材に手を出すのではなく、1つの教材を何度も繰り返し、十分身についてから他の教材に切り替える方が上達します。

リスニング対策に効果的な練習法は、音読、シャドーイング、リピーティングです。単に聴き取るだけよりも、自分で声に出す練習をする方がリスニング力は向上します。

参考:TOEIC300点からの大逆転。英語リスニング力を鍛え直す練習法

スコアアップしない人:聞き流す

英語を聞き流すだけでリスニング力が向上すれば楽で良いのですが、そう都合良くはいきません。せめて英文の意味を理解しながら聴き取る練習をしなければ意味がありません。

試験当日

スコアアップする人:潔く分からない問題を諦める

TOEICは時間制限が非常に厳しい試験です。そのため、1つの問題に固執するのは大変危険です。たとえば、リスニングパートでは問題文が流れる前に選択肢を先読みしておくと回答しやすくなりますが、分からない問題に時間をかけると次の問題の先読みができません。最悪の場合、次々と負の連鎖を引き起こしてしまいます。分からない問題を潔く諦めて次に集中することで、被害を小さくすることが重要です。

スコアアップしない人:潔くサイコロをふる

分からない問題を早めに諦めることは大事ですが、すべて運頼みではスコアアップは望めません。そもそもサイコロの持ち込みは禁止されています。

Pinzoro
source: 賭博黙示録カイジ

その他

スコアアップする人:マークシートで5分得をする

TOEICは時間との戦いです。多くの受験者にとって、最後の1問まできちんと読んで回答することは難しいでしょう。しかし、マークシートの塗り方を工夫するだけで約5分の時間短縮が可能になります。マークを1つ1つ丁寧に塗っていては高得点は望めません。

参考:TOEICの「あと5分」を手に入れる簡単な方法

スコアアップする人:情報収集をする

情報を制する者はTOEICを制す。TOEICは年々変化を続けているので情報収集も欠かせません。特に短期間で高得点を取りたい場合、得体の知れないものにぶっつけ本番で取りかかるのは望ましくありません。『TOEIC Test プラス・マガジン』などの専門雑誌でなるべく最新情報を仕入れておくと、気持ちに余裕ができて対策しやすくなります。

B01EG99AKQTOEIC Test(トーイック・テスト)プラス・マガジン 2016年07月号
TOEIC Testプラス・マガジン編集部
リント 2016-06-06

Amazonレビュー:☆5.0

スコアアップしない人:何もしない

試験前に部屋の掃除をする、掃除中に見つけた古雑誌やアルバムに没頭するなど、勉強から離れるほどスコアアップは望めません。また、スマホをいじりながら勉強しても集中できません。身の回りの誘惑に負けないようにしましょう。


広告


0 件のコメント:

コメントを投稿