ペーパーバック紹介 Part.6。英語で読むホームズ『唇のねじれた男』 | Sirius@web  

2016年5月18日水曜日

ペーパーバック紹介 Part.6。英語で読むホームズ『唇のねじれた男』

Sherlock holmes 931897 640

今回はシャーロック・ホームズシリーズの1つ『The Man with the Twisted Lip』(邦題『唇のねじれた男』)を紹介します。英語多読用にペーパーバックのシャーロック・ホームズをお勧めする理由はPart.1をご参照ください。



作品紹介

『The Man with the Twisted Lip』

今回は、ペンギンリーダーズの短編集『SHERLOCK HOLMES SHORT STORIES』に収録されている『The Man with the Twisted Lip』を紹介します。

Penguin Readers: Level 5 SHERLOCK HOLMES SHORT STORIES (Penguin Readers, Level 5)
Penguin Readers: Level 5 SHERLOCK HOLMES SHORT STORIES (Penguin Readers, Level 5)Arthur Conan Doyle

Pearson Japan 2008-10-17
売り上げランキング : 16470


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ペンギンリーダーズは、見出し語数によってレベルが6まであり、本作品はレベル5(TOEIC600点程度)に設定されています。


source:ペンギンリーダーズ 文法・テスト相関表

あらすじと感想

ある日の夜、ワトソンと妻のメアリーが住む家にケイト・ホイットニーという女性が訪れます。ケイトはワトソンの部屋に入るや、メアリーの所に駆け寄り泣き始めました。

ケイトは夫のアイザ・ホイットニーのことで、ワトソンとメアリーに悩みを打ち明けます。アイザは以前からアヘン中毒なのですが、この2日間家に帰っていません。街のはずれにあるアヘン窟へ行っているのではないかとケイトは言います。そこでワトソンは、必ずアイザを連れ帰ると約束して家を出ます。

ワトソンはこの後アヘン窟で意外な人物と出会い、今回の事件はここから始まります。今回も凝った内容でとても面白い話でした。

本作品は、ペンギンリーダーズのレベル5に設定されていることもあり、一行目から "opium addict"(アヘン中毒)という言葉が出てくるなど、これまで紹介したシリーズよりも語彙の難易度は少し上がっています。しかし、文法的に難しいところは特にないので、分からない単語は辞書で調べれば問題ないと思います。

翻訳本

『The Man with the Twisted Lip』の日本語翻訳版は『唇のねじれた男』。『シャーロック・ホームズの冒険』に収録されています。原文が難しく感じる場合は翻訳本と合わせて読むことをお勧めします。

4334761631シャーロック・ホームズの冒険―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)
アーサー・コナン・ドイル 日暮 雅通
光文社 2006-01

Amazonレビュー:☆4.6


前:ペーパーバック紹介 Part.5。英語で読むホームズ『ボスコム谷の謎』
次:ペーパーバック紹介 Part.7。英語で読むホームズ『技師の親指』


広告


0 件のコメント:

コメントを投稿