ペーパーバック紹介 Part.5。英語で読むホームズ『ボスコム谷の謎』 | Sirius@web  

2016年5月12日木曜日

ペーパーバック紹介 Part.5。英語で読むホームズ『ボスコム谷の謎』

Sherlock holmes 931897 640

今回はシャーロック・ホームズシリーズの1つ『Sherlock Holmes and the Mystery of Boscombe Pool』(邦題『ボスコム谷の謎』)を紹介します。英語多読用にペーパーバックのシャーロック・ホームズをお勧めする理由はPart.1をご参照ください。



作品紹介

『Sherlock Holmes and the Mystery of Boscombe Pool』

今回は、ペンギンリーダーズの『SHERLOCK HOLMES AND THE MYSTERY OF BOSCOMBE POOL』を紹介します。

1405876883Penguin Readers: Level 3 SHERLOCK HOLMES AND THE MYSTERY OF BOSCOMBE POOL (Penguin Readers, Level 3)
Arthur Conan Doyle
Pearson Japan 2009-03-01

Amazonレビュー:☆5.0


ペンギンリーダーズは、見出し語数によってレベルが6まであり、本作品はレベル3(TOEIC400点程度)に設定されています。


source:ペンギンリーダーズ 文法・テスト相関表

あらすじと感想

今回の事件はボスコム谷という土地で起こります。その土地最大の地主ジョン・ターナーは、オーストラリアで財産を築いた後イギリスへ戻りました。ターナーは、所有する農場の一つであるハザリー農場をチャールズ・マッカーシーという男に貸していました。この二人はオーストラリアで知り合い、イギリスに戻ってからも近所で生活していたのです。

ターナーには18歳の娘が一人、マッカーシーには同じ年の息子が一人います。またターナーには少なくとも6人の使用人、マッカーシーには2人の使用人がいます。二人とも妻を亡くしています。

ある日の午後、マッカーシーは人と会う約束があると言い、急いで家を出た後帰らぬ人となりました。目撃者の話によると、マッカーシーが歩く姿を見た後、マッカーシーの息子のジェイムズが銃を抱えて同じ道を歩いていったと言います。さらに、その後マッカーシーとジェイムズの姿を目撃した少女の話によると、二人は激しく言い争いをして、ジェイムズが父親に殴りかかろうとしていたとのことです。そこで少女は怖くなって逃げてしまいますが、その後マッカーシーの遺体が発見されます。

誰が見てもジェイムズが疑わしい事件ですが、ターナーの娘ミス・ターナーはジェイムズは無実だと信じています。この事件の真相は一体どうなっているのでしょうか?

本作品は、ペンギンリーダーズのレベル3に設定されているため語彙は易しめですが、前回までに紹介した短編よりボリュームがあります。その分、話の展開や事件の背景なども凝っていて、読み応えがあり面白い一冊になっています。

翻訳本

『Sherlock Holmes and the Mystery of Boscombe Pool』の日本語翻訳版は『ボスコム谷の謎』。『シャーロック・ホームズの冒険』に収録されています。原文が難しく感じる場合は翻訳本と合わせて読むことをお勧めします。

4334761631シャーロック・ホームズの冒険―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)
アーサー・コナン・ドイル 日暮 雅通
光文社 2006-01

Amazonレビュー:☆4.6


前:ペーパーバック紹介 Part.4。英語で読むホームズ『オレンジの種五つ』
次:ペーパーバック紹介 Part.6。英語で読むホームズ『唇のねじれた男』


広告


0 件のコメント:

コメントを投稿