『速読速聴・英単語』で英語と一般常識を同時に身に付けよう | Sirius@web  

2016年4月17日日曜日

『速読速聴・英単語』で英語と一般常識を同時に身に付けよう

Child 1051288 640

英文を読んでいると、「単語はすべて分かっている、文法的にも難しいところはない、それなのに意味がよく分からない」といったことが時々あります。そのようなときは、英語力の問題というよりも、文章の背景がよく分かっていないことが原因かもしれません。

英語だろうと日本語だろうと、知らないことは知りません。誰だって何でもは知りません。知ってることだけです。そのため、すらすら読める文章を増やすには、英語の勉強だけではなく背景知識(一般常識)も増やすことが必要です。今回は、英語を勉強しながら同時に一般常識も身に付けるのに便利な『速読速聴・英単語』の紹介をします。



英文を理解するための重要な要素

英語力

英文を理解するためにはもちろん英語力が必要です。ここで言う英語力とは、簡単に言うと以下の知識が身に付いていることです。

単語・熟語

まずは単語や熟語を知っていること、つまり語彙力が不可欠です。単語や熟語を知らなければ英文を読むことはできません。

文法

文法も非常に重要です。単語を知っていても英語のルールを知らないと英文は読めません。

英語の読み方

文法を覚えても「英語の読み方」を知らなければ簡単な英文しか読めません。「英語の読み方」については「TOEIC300点からの大逆転。英語の読み方が身につく本まとめ」をご参照ください。

背景知識(一般常識)

そして今回のテーマとなる「背景知識」または「一般常識」です。背景知識も英文読解力に繋がります。たとえば内容の簡単な文章は簡単に理解できますが、専門的な文章など、読者が背景知識を持っていない文章ほど理解が難しくなります。

以下に例を挙げます。これは日本語で書かれた文章ですが、すんなりと理解できる方もいれば、何を言ってるのかよく分からないという方もいるのではないでしょうか。これは日本語力の問題ではなく、背景知識を持っているかどうかの問題です。

アスペクト指向プログラミング(アスペクトしこうプログラミング、Aspect Oriented Programming、AOP)は、オブジェクト指向ではうまく分離できない特徴(クラス間を横断 (cross-cutting) するような機能)を「アスペクト」とみなし、アスペクト記述言語をもちいて分離して記述することでプログラムに柔軟性をもたせようとする試み。

もちろん英文でも同じことが言えます。「読んでも理解できない、これは英語力の不足だ」などと考えがちですが、背景知識の乏しい分野はそもそも日本語で書かれていてもよく分かりません。

逆に背景知識を持っている場合は、文章内に分からない箇所が多少含まれていても推測で補うことができます。以下の文章はカップ焼きそばの調理方法ですが、食べ慣れている方なら単語を虫食いにしても大体理解できると思います。

1.●●の上のふりかけを取り、●●を一部はがし、ソースを取り出し、▲▲を内側の線まで注ぎ、●●をして3分待つ。2.★切り口を作り、カップをしっかり持ち、静かに傾け、★切り口から★をすてる。3.ソースをかけてよく■ぜ合わせ、ふりかけをかけて出来上がり。
日清焼きそばU.F.O. 調理方法

ここで言いたいことは、英語の読解力を伸ばすには、英語の勉強をするだけでなく背景知識(一般常識)を身に付ける必要もあるということです。たとえば TOEIC で出題される英文や会話文はビジネスに関連するものが多いので、背景知識という点に絞れば学生よりも社会人の方がいくらか有利と言えます。

英語の小説を読めば英文読解の良い練習になりますが、TOEIC 対策としては、英語のビジネス文書を読む方が背景知識を仕入れることもできて一石二鳥です。また英語の新聞記事を読む場合は、政治経済や国際情勢の知識がないと厳しいです。

もちろんこれらの一般常識は、日本語の新聞や本を読むことでも身につきますが、今回は、英語の勉強をしながら同時に一般常識も身につく『速読速聴・英単語』の紹介をします。

便利すぎる『速読速聴・英単語』

同時に色々身につく便利な本

『速読速聴・英単語』シリーズは、いわゆる文章で覚えるタイプの単語集です。CDも付いているのでリスニング練習にも利用できます。同シリーズは単に文章で単語を覚えるだけというわけではなく、政治経済や国際情勢など、さまざまなジャンルの記事で構成されています。また、専門用語や時事ネタの解説などもされているので、英語学習をしながら各ジャンルの背景知識(一般常識)を身に付けることができます。つまり、語彙力、リーディング力、リスニング力、一般常識を同時に身に付けることができて効率的ということです。それぞれを個別に学習すると数倍の時間がかかってしまいますからね。

4862900747速読速聴・英単語 Core 1900 ver.4
松本 茂 Robert L. Gaynor Gail K. Oura 藤咲 多恵子
Z会 2011-03-10

by G-Tools

4862900232速読速聴・英単語 Business 1200
松本 茂 Robert L. Gaynor Gail K. Oura
Z会 2008-12-11

by G-Tools

4862901107速読速聴・英単語 Advanced 1100 ver.4
松本 茂 Robert Gaynor
Z会 2013-03-09

by G-Tools

難易度は、『Core 1900』が中級レベル(TOEICスコア600〜800)
『Business 1200』が中上級レベル(TOEICスコア700〜900)
『Advanced 1100』が上級レベル(TOEICスコア800〜990)
となっています。

これらの本は語彙レベルだけでなく扱っているテーマもそれぞれ異なります。そのため語彙の幅を広げつつさまざまなジャンルの背景知識を身に付けることができます。語彙レベルとあわせて、身に付けたい背景知識も考慮して選ぶと良いでしょう。

『Business 1200』は、経営や財務、マネジメントなど、タイトル通りビジネス系の話題が充実しています。『Core 1900』は、環境、教育、政治、経済など新聞記事で扱われやすいジャンルがまとめられています。『Advanced 1100』も『Core 1900』と近いジャンルを扱っていますが、単語の難易度が『Core 1900』よりもだいぶ高いように感じました。

少し残念なのは、出版からすでに数年が経ってしまっているので時事ネタが古くなってしまっていることです。それでも基礎知識は学べるのですが、改訂版が発売されたら買い換えたいです。

ちなみに僕はいま『Advanced 1100』に取り組んでいますが、語彙力も一般常識も不足しているのでとても難しいです……


4862901611速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3
松本 茂 Gail K. Oura Robert L. Gaynor
Z会 2015-03-07

by G-Tools

上記の3冊より易しめの本が『Basic 2400』です。
こちらは初級レベル(TOEICスコア500台を目指す人)に対応しています。内容は、前半が中学英語レベルの英文や会話文で、後半は日常生活に関する話題が揃えられています。『Basic 2400』は、背景知識の獲得と言うよりも日常会話に必要な言葉が身につく内容になっています。

効率を重視したい方に

今回は、いっぺんに色々身につく『速読速聴・英単語』シリーズを紹介しました。

同シリーズにはここで紹介した本以外にも『Daily 1500』『Basic 2400』『Opinion 1400』があります。それぞれテーマが異なるので、語彙レベルと内容を見て自分に丁度いい一冊を選ぶと良いでしょう。短期間で色々身に付けたい効率重視タイプの方にはとても役立つシリーズです。


広告


0 件のコメント:

コメントを投稿