用意するのはやる気だけ! 無料でできる英会話の自主トレ法 | Sirius@web  

2016年3月26日土曜日

用意するのはやる気だけ! 無料でできる英会話の自主トレ法

Person 789658 640

自宅で手軽に練習できる英会話といえば、最近はオンライン英会話が一般的になっています。価格も1レッスン数百円とお手頃なので週に数回受講している方もいると思いますが、オンライン英会話だけで十分な練習量と言えるでしょうか。たとえば語学留学の場合、1コマ50分のレッスンを1日6〜8コマ受講するのが一般的です。

オンライン英会話でもレッスン量を増やせば良いのかもしれませんが、実際には仕事でスケジュールが合わなかったり、講師の予約が取りづらかったりとなかなか都合良くいきません。そこで自主トレについて検討します。

英会話は相手がいないと練習できないと思われがちかもしれませんが、一人で練習する方法はいろいろあります。今回は無料でできる英会話の自主トレ法として、僕自身が実践している方法に加え、英語のプロ(通訳者や英語講師など)が推奨する方法も調べたのでまとめてシェアしたいと思います。


Reserved
オンライン英会話の人気講師はスケジュールが一杯
1枠だけ空いていたので予約しました(ただし深夜)



自主トレのメリット

94fea76b8a0283d84991a996fdbe102d s

低コスト

英会話の自主トレは無料、あるいは低コストで実践できます。また、オンライン英会話には時間制限がありますが、自主トレなら都合の良いときにいくらでも練習できます。英会話の上達はとにかく練習量がものを言うので、無料でできる自主トレ法を知っておいて損はないでしょう。

恥ずかしくない

自主トレならいくら間違えても他人の目を気にする必要がありません。むしろたくさん間違いを犯すことで、インプット中心の学習では気付かなかった自分の弱点に気付くことができます。

無料でできる英会話の自主トレ法

786f977549fc19f40f43bb1976abd8fa s

文法理解 & 瞬間英作文

スピーキングの基本は英作文です。自主トレでもたくさん英作文をすることになるので、最初に基本的な文法や英文のパターンを身に付けておくと今後の学習が効率的になります。

瞬間英作文とは、日本文と英文がセットになった教材を利用して、日本文を見て瞬間的に英文が言えるようになるまで繰り返す練習法です。今ではさまざまな教材が販売されていますが、ここでは無料で利用できる教材を紹介します。これらは出版社のサイトで無料で公開されているものです。


(※ 追記 「英作文のための暗記用例文300」のファイルは現在リンクが切れているようです。記事執筆時点ではあったのですが……)


ロイヤル英文法
英作文のための暗記用例文300

フォレスト
暗唱文例集音声ファイル 暗唱文例集 スクリプト


シンプルパターンは、中学〜高校1年生までの文法を勉強することで増やしていくことができます。この範囲の「文法」を勉強すれば、100〜200程度のシンプルパターンをストックすることができるのです。これだけあれば、「とりあえず話せる」というレベルにはなれるでしょう。

パターンプラクティス

パターンプラクティスは、英文を疑問形・否定形にしたり、英文の一部を他の単語に置き換えたりすることで、自分で新しい英文を作る練習です。

たとえば、That black car is hers. を以下のように作りかえます。

疑問形:Is that black car hers?
否定形:That black car isn't hers.
置き換え:This red dress is hers.

上記の瞬間英作文とセットで練習すると効果的です。

瞬間英作文は簡単に言うと記憶した英文を思い出す練習ですが、パターンプラクティスは英文を自分で作り替える練習なので応用力が身に付きます。

コメント

ブログや動画に日本語でコメントを書くように、英語でコメントや感想を呟いてみます。たとえば本記事を読んだ後に Good job! と言っても良いですし、This is the worst article I've ever read! でも良いです。さらに because を使って理由を追加すると、一言コメントから論理的な意見らしくなるでしょう。

日記

ブログやノートなどに英語で日記を書くのもアウトプットの練習になります。Lang-8 などの添削日記サイトを利用すればネイティブの方に無料で添削してもらえてお得です。(お返しに相手の日本語を添削すると喜ばれます)

一人二役ロールプレイ

ロールプレイとは、たとえばレストランのウェイターと客の役を演じて、料理の注文などのやりとりを模倣する練習法です。普通は二人以上で行う練習法ですが、これを一人二役で練習します。

状況設定の例:
レストランのウェイターと客
ホテルの受付と客
駅を探している人と教えてあげる人 など

具体的な状況を設定しなくても、一人二役で普通に日常会話をしても良いです。

一人Q & A

簡単な質問文をスマホにたくさん保存しておいて、ちょっとした空き時間に適当な質問を読んでそれに英語で答える練習です。オンライン英会話でも先生に簡単な質問をされてそれに答えるという練習をしますが、質問文さえ用意しておけば一人でこの練習ができます。

質問文の例:
今何時?
今日は何をした?
どんな映画が好き?
最近どんな本を読んだ?
明日の予定は? など

独り言

思いついたことを何でも英語で呟く練習法です。たとえば、目に見える景色を描写する、一日の予定を簡単にまとめる、今日あった出来事を振り返るなど、何でも英語で呟いてみます。普段自分が考えていることは英会話でも口にする可能性が高いので、独り言は効果的な練習法です。

ふくらませ

最初に簡単な英文を作り、少しずつ情報を追加して英文をふくらませていく練習です。たとえば、「昨日勉強をした」から始めて、「昨日英語の勉強をした」→「昨日カフェで英語の勉強をした」→「昨日カフェで2時間英語の勉強をした」というふうに少しずつ情報を追加して英文を長くしていきます。

話しかけ

適当な写真を見て、その写真の中に自分がいると想定して何か話しかける練習法です。たとえば子供たちが遊んでいる写真を見て、「ちょっと静かにして」とか「僕も一緒に遊んでいい?」などと話しかけてみます。Googleの画像検索を利用するとたくさん写真が見つかるので便利です。

参考:絵で見てパッと言う英会話トレーニング 基礎編

パラフレーズ

パラフレーズは、英文を同じ意味の別の表現で言い換える練習法です。たとえば、「今日は○○についてお話しします」という言葉を「今日は○○という概念についてお伝えしたいと思います」のように別の表現で言い換えます。言い換え表現を覚えるには、類語辞典や英英辞典を活用すると効果的です。

そして実践へ

Cat 1113412 640

今回は無料でできる英会話の自主トレ法を紹介しました。すべての方法を試すのは難しいかもしれませんが、気に入った方法で練習してみてはいかかでしょうか。複数の練習法を好きなように組み合わせても良いと思います。

自主トレは、他人の都合を気にすることなく一人で好きなだけ練習できます。自分のやる気がすべてです。自主トレでアウトプットの練習をしたら、今度はオンライン英会話などでどんどん実践することをお勧めします。


広告


0 件のコメント:

コメントを投稿